FC2ブログ

ダブルセブンどうでしょう

ゴルフと旅行 中年夫婦奮闘記

 >  旅行 >  姫路城と養老公園の桜 (2018年3月)

姫路城と養老公園の桜 (2018年3月)

この日の移動距離は300kmを超えるので9時前にチェックアウトであります。
最終日はお得意の「海のしょうげつ」を予約してあったので、この日のお宿は京都を狙っていました。
しかーし、桜の季節という事もあってか満室の旅館も結構あって宿選びは難航です。
お隣の滋賀県はそこそこ空きがありましたが、空いている部屋は今ひとつであります。
悩んでいたら一休.comで岐阜県にある馴染みの旅館の露天風呂付客室が大安売りプランを実施中!
思わず予約ボタンをクリックしてしまい、岡山から兵庫は通過、大阪も無視、期待の京都も素通り、
滋賀には目もくれず、岐阜県の養老公園まで走る事になってしまいました。 ε=ε=ε= (o・・)oブーン
それでもどこも寄らないのも寂しいので、兵庫県の姫路城(白鷺城)を見学しました。


【兵庫県】
トコトコダブルセブン号のナビの写真は予想通り、今から行く姫路城でした。
県境 (8)

【石看板】
どでかい石も姫路城が世界遺産である事をアピールしております。
姫路城と桜 (1)

【内堀】
内堀を通っていよいよ姫路城に出陣であります。  (*`◇´*)/ タノモー♪
姫路城と桜 (2)

【姫路城】
入場料は1000円と割とお高いので、この辺で城の全体を見て撤退も有りかと思います。
姫路城と桜 (3)
折角来たのでお高い料金ではありますが軍団入場です。
姫路城と桜 (4)

【城からの景色】
凄い人で一番上の6階は人だらけで、軍団が頂上に着くと階段を上がる人を制限していました。
制限するのが遅かった為か大渋滞となってしまい歩くのにも苦労しました。
こちらは二の丸や三国掘の見える方角です。
姫路城と桜 (5)
こちらは姫路駅方面の方向だと思われます。
ここまで歩いてきた姫路公園を見降ろすことが出来ました。
姫路城と桜 (7)

【しゃちほこ】
お城の守り神とされるしゃちほこは本来、雄と雌の対になっているそうなのですが、姫路城は
昭和時代の復元大修理の際、雌のしゃちほこしか残っておらず、それをもとに復元されたため、
両方とも同じ雌のしゃちほこになってしまったという締まらない話であります。
姫路城と桜 (6)

【播州皿屋敷】
「一枚、二枚、三枚、四枚、・・・一枚足りない」で有名なお菊井戸のある場所です。
やはり怖いもの見たさがあるのかたくさんの人が見学してました。
姫路城と桜 (9)
すずむしがビビッているのでブンブンが井戸を激写であります。  (ノД\lll)コワイヨー
姫路城と桜 (10)

【写真家すずむし姫路城を激写】
『そびえたつ姫路城』 青い空には雲ひとつありません。
姫路城と桜 (8)
『桜だらけの姫路城』 桜で姫路城が隠れちゃいました。
姫路城と桜 (11)
『桜に天守閣を叩かれた姫路城』 桜の枝が姫路城を叩いている構図とすずむしは言っております。
姫路城と桜 (12)

【新名神高速道路】
3月18日に開通したばかり、まだ開通して10日の新名神を軍団激走であります。
左側に見えているのは「宝塚北サービスエリア」ですが、急いでいるので寄れませんでした。
姫路城と桜 (13)
山を削っているのか山肌には重機が見えました。
姫路城と桜 (14)

【養老公園】
養老公園の写真は全て次の日(28日)に撮影したものです。
急に暖かくなったせいか一気に桜が開花して、この日はほぼ満開に近い状態でした。
姫路城と桜 (15)
この川の上流に養老の滝があり、本日お世話になる遊季の里もあります。
姫路城と桜 (16)

【閉店】
昨年は営業していた焼肉屋か食堂でしたが、止めてしまったようです。
何となく桜も寂しそうに見えます。  (゜-Å) ホロリ
姫路城と桜 (17)

【トコトコダブルセブン号】
平日の昼時だった為かほとんど車はありませんでした。 ☆(*^o^) (^-^*)☆ カシキリダネ!
姫路城と桜 (18)



☆☆☆ 今回の写真家 すずむし o[◎]_- )パチリ ☆☆☆

【2016年12月26日】
伊豆旅行に行く道中、新東名から見えた富士山で、場所は富士インター付近です。
この日は朝早くではなく、午後からゆっくり出発して、伊豆高原の「花の雲」に泊まりました。
乱数 (462)





ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 




  



o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪


関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する