オーベルジュ 花季 施設・部屋編 (2018年1月)
この日の宿は伊東に有るオーベルジュであります。  (-σд´-)ソンナノシランガナ
すずむしの知らないオーベルジュとは宿泊施設のあるレストランで、一般的には洋食が多いようです。
洋食は苦手なのですが、今回の宿は和のオーベルジュという事でお箸でいただくので大丈夫。
予約が取るのが難しい宿らしいですが、今回は旅行の日に空きがあったので予約しました。
伊東の温泉街からは離れた場所に有る「オーベルジュ花季」という2組だけの旅館です。
お馬鹿なトコトコダブルセブン号のせいで、変な道を走らされたので少し遅くなってしまい
チェックインは15時半過ぎになってしまいました。   (*`◇´*)/ タノモー♪


【玄関】
県道12号線から伊東市を流れる松川を渡り、普通の民家の様な場所に玄関が有ります。
花季施設 (3)
花季という看板の下にある駐車場は、2組限定の宿なので2台分だけであります。
余分な飾り付けはなく、普通の家に入っていく雰囲気です。
花季施設 (4)

【カウンターの棚】
駐車場に車を停め、中に入っていくと女性のオーナーシェフが対応してくれました。
カウンターに座りウェルカムドリンクとお菓子をいただきながら色々と話をしました。
初めての宿ですが会話が盛り上がって、すずむしが撮った写真はこの棚のみであります。
お土産が置いてあったり、旅館の本が有りましたが・・・  (_ _|||)
花季施設 (5)

【オーベルジュ花季全景】
玄関の反対側は「松川」が流れているので川の対岸まで行って撮影しました。
花季の看板が有る方の1階が食事処とカウンターのある玄関と思われます。
3階の建物の方が客室で2階と3階が客室、1階がもう一つの食事処です。
花季施設 (1)
軍団の部屋は2階ですずむし登場。  ( ̄▽ ̄)V いえーい!
花季施設 (2)

【部屋】
2方向に窓が有りますが、左方向は隣の家も少し見えちゃいます。
10畳の和室と広縁の間取りは2階も3階も同じとの事でした。
花季施設 (6)
テレビはあまり大きくありませんが、旅行先ではテレビを見ない軍団は問題なし。
花季施設 (7)

【洗面所】
大きな鏡とダブルシンクの洗面台の奥は天然温泉のお風呂があります。  ε=ε=ヾ(*゚ー゚)シ |温泉|
花季施設 (8)

【部屋風呂】
風呂場は幅はありませんが縦に長いので広々と使えます。
浴槽は樹齢百年を超える古代檜で、温泉は岡温泉(源泉名)というアルカリ性単純温泉。
効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり等であります。
花季施設 (9)
ブラインドを開けると目の前は松川が流れていてその向こう岸には桜の木が見えます。
桜の時期になると温泉に入りながら、花見が出来ると言っていました。  (o゚▽゚)o ハナミ?オチャケ!
花季施設 (10)
上の蛇口と左の蛇口からは温泉が出ますが、上の蛇口の温泉はなかなか熱くならなかったので
左側の蛇口の温泉で温度調整しました。
花季施設 (11)

【松川と桜】
目の前の松川は色々な鳥がいて、カワセミも来るそうです。
花季施設 (12)
カワセミが来ないか張っていましたが、鴨のカップルがずっと仲良く泳いでいました。 
ナカヨシダネッ o(゚▽゚o) (o゚▽゚)o ウンッ
花季施設 (13)

【青山やまと】
花季の全景を撮りに行った時、逆方向に昨年お世話になった「青山やまと」が有ったので撮影。
この上には最近ご無沙汰の「南山荘紫乃」も見えました。
花季施設 (14)


次回は評判通り、手の掛かった美味しい料理の紹介です。




☆☆☆ 今回の写真家 すずむし o[◎]_- )パチリ ☆☆☆

【2010年11月19日】
初めて越前カニを食べに行った時にラウンドした越前武生カントリークラブの16番ホール。
すずむしが池ポチャをしてリベンジをするブンブン自作DVDの舞台でもあります。
最近はすずむしは得意ホールになり、ブンブンが鬼門のホールになっています。
 (79)



ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 




  



o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment 4

ダブルセブン

やまさん

川を挟んだ道からでは3階建てのいい家だなと言った感じです。
知らない人は旅館とは思わないでしょう。
ここの旅館は料理をメインにしていて、当日の予約は受けないので
見た目が旅館でなくても関係ないのでしょうね。

1日2組なので団体は無理だと思いますが、家族なら大丈夫かな。
料理は抜群でしたよ。

2018/02/10(Sat) 10:21

Edit | Reply | 

やま

パッと見、民家に見えました。
こんな家でも、旅館なのですね!
部屋の数 少なそうで、大人数では行けなさそうです。

2018/02/10(Sat) 10:10

Edit | Reply | 

ダブルセブン

ちろっこさん

コメントありがとうございます。
貝類と甲殻類が苦手だと確かに「南山荘志乃」はきついですね。
最後に行ったのは2013年ですが、その頃は鮑のバター焼きが出て
メインは伊勢海老と蛤のブイヤベース風の料理でした。
それに伴い御飯もリゾットになって、その前とだいぶイメージが変わりました。
それまでは奥羽牛のステーキが出たのですが肉はなしでした。
価格もだいぶ値上げしたので、足が遠のいてしまいました。
ただ景色と掛け流しの温泉は魅力だと思います。

「花季」の夕食は大変、手の込んだもので驚きました。
私達素人でも料理に手の掛けているのが分かりました。
2月の後半に河津桜に行くので、また予約を入れてあります。
次回期待して行って、期待通りなら本物だと思っています。

2018/02/09(Fri) 08:47

Edit | Reply | 

ちろっこ

こちらのお宿はもちろん、「南山荘紫乃」さんもかなり気になってるお宿なのですが、貝類・甲殻類NGな我が家にはちょっと食べ物がきついかも。。と二の足を踏みまくっております。

「花季」さんはいけそうな気がするので、候補リストにはいつも入ってます。
いつも入ってる…のですが、行きたい宿が沢山あり過ぎて、なかなか予約を入れられず。
来年くらいには行ってみたいです。

2018/02/08(Thu) 21:02

Edit | Reply | 

What's new?