谷川の湯 あせび野 施設・部屋編 (2018年1月)
1月の旅行は雪の降らない場所を選んでいますが、絶対降らない地域はありません。
確率的にいうと伊豆・志摩半島・南知多などが考えられ、選んだのはまたまた伊豆であります。
前回の旅行も伊豆でしたが、ゴルフが散々で特に修善寺カントリーは昨年2回行って両方90越えでした。
そこで取りあえず、リベンジ修善寺カントリーであります。
天気予報によると当日は気温も上がり、リベンジには絶好のコンディションの予定です。
早朝に家を出るのを避け、満を持しての前乗りでありますが・・・大雨であります。
次の日は9時過ぎに雨は止む予報ですが、またまた風が吹きそうな嫌な予感であります。
道中は全く富士山も見えず、この日の旅館「あせび野」に14時30分過ぎに到着です。
ここは貸切風呂が早い者勝ちなので、早めに到着したのですが雨のせいかロビーはもうギュウギュウです。
相変わらず人気の旅館のようです。   (*`◇´*)/ タノモー♪


【あせび野到着】
3年振りとなった久々の訪問はしっかり雨・・・  ゚シラネ…(p`ェ´)ゞ.+゚
あせび野部屋 (1)

【ロビー】
写真はチェックインが終わって人が居なくなってからと次の日の朝撮影しました。
奥が入口で左にある乳母車みたいのに、荷物を入れて部屋までスタッフが運んでくれます。
あせび野部屋 (2)
ロビーの全景は翌朝、大浴場に行くときに撮りました。
正面の角の部分が上までガラスになっていて採光が良く、ここの名物でもあります。
あせび野部屋 (3)
暖炉が有るスペースが有るのは、今回初めて知りました。
あせび野部屋 (4)
写真の右の扉からスタッフが出入りしている模様であります。
あせび野部屋 (5)

【テラス】
ロビーからエレベータに行く途中からテラスに出ることが出来ます。
あせび野部屋 (6)

【部屋】
前乗りの旅館をなかなか決められず、予約したのが2日前で部屋は全く指定できませんでした。
前回は花の蔵のベッドの部屋でしたが、今回は畳の谷の蔵の部屋(105)でした。
あせび野部屋 (7)
10帖の和室と椅子とテレビのある広縁の間取りです。
あせび野部屋 (8)
前回以外は2回とも谷の蔵で、この広縁が夕食の後の2次会場になります。
「2次会は盛り上がって~」(☆_@;) \(`-´メ) 「修善寺リベンジだろっ」
あせび野部屋 (9)

【専用露天風呂】
2階、3階の部屋に比べ露天風呂が広いという事で軍団はこの部屋が好きであります。
あせび野部屋 (11)
1階の一番低い位置にある部屋なので景色は木のみであります。
ただ、あせび野は谷の底にあるといった立地なので、2階も3階も景色は大して変わらないと思います。
あせび野部屋 (12)

【どうでしょうスリッパ】
あせび野ではスリッパを持ち帰ることが出来るので、他のお客さんと間違わないように目印を書きます。
見習いどうでしょう軍団は、もちろん水曜どうでしょうバージョンであります。
あせび野部屋 (13)

【夕刻のロビー】
この写真は17時頃に撮影したのですが、谷の底にあるのでもう真っ暗であります。
あせび野部屋 (14)




☆☆☆ 今回の写真家 すずむし o[◎]_- )パチリ ☆☆☆

【2011年8月30日】
伊豆の伊東にある「南山荘紫乃」のテラスに露天風呂がある部屋です。
前の日にぎっくり腰になり、痛み止めを飲んで修善寺カントリーでラウンドしました。
この時はこの先これほどまでにぎっくり腰に悩まされるとは思いもしませんでした。
(101).jpg



ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 




  



o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?