リベンジ ホテル花水木 施設編 (2014年9月)
なばなの里から花水木までは車で10分くらいの近場にあります。
再びフロントに行き、今度は部屋へのチェックインとなります。
ここの旅館の仲居はとにかく若い娘ばかりです。
今回お世話してくれた娘はなんと18才、今年高校を卒業して沖縄から来たとの事。
冷たいお茶と名物のお菓子で、立派に接客してくれました。(エライ・エライ)
部屋は901号室で9階の海側でエレベーターに一番近いお部屋。
前回は初日は904号室、2日目も1008号室の遊園地側だったので違う景色を見れて良かった。
最初の数字が階数で下の数字が偶数だと遊園地側で奇数だと海側となっているようです。
海側も遊園地側もそれぞれ良さがあり、甲乙つけがたいです。
予約の際に希望を言えば、対処してくれるようですが軍団は当日のお楽しみにしていました。
夕食は昼飯がまだお腹を占領しているので、遅めの19時に頼みました。
それまで温泉三昧でーす。


☆☆☆ エレベーターホール ☆☆☆


【西側を望む窓】
黄色い花が飾ってあります。
エレベーターは各方位に4つあり、前面が透明なので乗ったエレベータにより景色が違います。
夕日終わり

【北側の景色】
ナガシマスパーランドのアトラクションが見えます。
スチールドラゴン2000の大きさが解かります。
遊園地全景

【スチールドラゴン2000とスペースショット】
前回来た時は整備中だったスペースショットですが、今回は動いています。
しかーし、メインのスチールドラゴンが宿泊した日と次の日が運休!(ムカチク)
前回来た時に乗ったのでまあいいか。 こわいし・・・
スチールドラゴンとスペースショット

【西の窓からの夕日1】
湯あみの島から帰ってきたらちょうど日が沈むところでした。
前の建物は花水木の別館で右にジャンボプールが見えます。
ジャンボプールは明日(30日)が最終日です。
別館と夕日

【西の窓からの夕日2】
余り天気に恵まれることがないので、まるーく沈んでいく太陽を見れるのは久しぶりです。
夕日

【西の窓からの夕日3】
山に沈む夕日のせいかあっという間に沈んでしまいました。
夕日終わり


☆☆☆ 部屋 ☆☆☆


【海側の部屋】
スタンダードタイプで10畳+6畳の部屋です。
部屋全体

【広縁と次の間】
奥の6畳の次の間には足も踏み入れませんでした。
部屋窓

【部屋からの景色】
海を挟んで名古屋方面の景色です。
手前の駐車場の4台目がトコトコダブルセブン号です。(ちっちゃくてごめんね)
部屋から名古屋

【窓側から見た部屋】
32インチくらいのテレビの上にはデジタル時計があります。
「時間を気にせずゆっくりして貰う為に時計はありません」なんていった旅館もあるが、
食事の時間もチェックアウトの時間も有るのだから時計はあった方がいい。
時計をおいてない旅館ほど、チェックアウトを過ぎた場合の追加料金を明記してあったり、
食事の時間も自分で食事処へ来いといった時間を気にさせるシステムになっている。
旅行を含めた楽しい時間こそ、人生で一番大切な時間を意識するべきだと思う。
枕元にあるのは懐中電灯で、布団を敷き終わった後にさりげなく置かれていた。
部屋布団


☆☆☆ その他の施設 ☆☆☆


【大浴場瀧の湯脱衣所】
花水木宿泊者専用の風呂です。
花水木風呂脱衣所

【ジャグジーと水風呂】
右がサウナ用の水風呂で左がジャグジーです。
水風呂の奥へ進むと庭園露天風呂があります。
花水木ジャグジー

【大浴場】
お下手なうえに夜の撮影だったので、みにくくてごめんね。
奥が庭園で左側に露天風呂があります。
泉質はアルカリ性単純泉(緩和性低張高温泉)
効能は(浴用) 慢性関節リウマチ、結合織炎、神経炎、神経痛、疲労回復など
    (飲用) 慢性胃炎、腸炎、慢性胃潰よう、胆のう症など
大浴場

【庭園露天風呂】
これまた夜の撮影なのでわかりずらくてごめんね。
流れてくる温泉の下で打たせ湯のようなこともできます。
露天

【バー「傘亭」カウンター】
カウンターは禁煙席が有り、タバコを吸わないどうでしょう軍団はありがたいです。
軍団以外はボックス席に1組いただけでした。
バ- カウンター

【バー「傘亭」からの内庭】
ヘベレケなのでピンぼけ写真でまたまたごめんね。
ブンブンはサントリー響をロックで、すずむしはオレンジベースのあまーいカクテル。
バー 窓

【湯あみの島脱衣所】
朝5時から8時まで宿泊者は湯あみの島を利用できます。
7時30分までに受付をしないと入れません。
前回は7時45分ごろに行ったら見事に門前払いでした。
湯あみの島は撮影禁止でしたが、最後の一人で誰もいなかったのでスマホで撮りました。
湯やみの島脱衣所



花水木は大きなホテルなので施設も充実しています。
バーの他にカラオケ・ゲームコーナー・和食処・寿司などがあります。
バー以外は利用しませんでしたが、他の施設も料金を提示してあり良心的な値段でした。
一時期やたら流行ったお籠り旅館とは違った良さがあります。
軍団はあまり大きな旅館やホテルは苦手なのですが、ここはお気に入りになりました。
次は前回大絶賛だった食事です。

ブログを読んでいただいてありがとうございます。
下のボタンを押してください。 よろしくおねがいします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゴルフブログ 夫婦ゴルファーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?