海のしょうげつ 空の二 部屋編 (2017年10月)
ここ「海のしょうげつ」は軍団大好きな旅館で、今年だけで3回目、トータル11回目であります。
西伊豆土肥の「無雙庵枇杷」に続いて全客室コンプリートを密かに狙っておりますが・・・
お部屋指定だとお高いので、セコイ軍団はチビットお安いお部屋お任せプランで予約して要望欄に
「もし~空いてたら~この部屋がいいなぁ」 m(。_。;))m ペコペコ…
といった作戦でいっております。  「がんばってるなぁ」 (*^m^*) ムフッ
今回はこのショボい作戦「だいせーこー」で、希望の「空の二」に泊まる事が出来ました。
ゆっくり滞在したいので、14時30分にはチェックインしました。  (*`◇´*)/ タノモー♪



【ロビーのテラスからの景色】
思いっきりどんよりですが、この後どんどん天気は回復していきます。
しょうげつ部屋 (1)


☆☆☆ 空の二 ☆☆☆


【1階の部屋】
空の二はメゾネットタイプの部屋なので、間口は少し狭目ですが軍団の好きな畳の部屋が有ります。
リビングが8畳で畳のスペースが6畳の広さです。
しょうげつ部屋 (2)
部屋の椅子やソファは各部屋それぞれ違うものが置かれています。
しょうげつ部屋 (3)

【洗面所】
しょうげつ部屋 (4)

【シャワーブース】
シャンプー類は「パンピューリ」というタイのメーカーで、とてもいい香りがします。
二人とも気に入ったので購入して家でも使っています。 
しょうげつ部屋 (5)

【露天風呂】
風の二と同じ丸い陶器の湯船ですが、こちらは白であります。
2017年10月後半 (179)

【テラスからの景色】
テラスに置かれたサマーチェア風の椅子は、足の短い軍団には使いにくかったです。
「足が短くて立てん」 (T0T)\(^-^;) よしよし
しょうげつ部屋 (6)

【大きな吹き抜け】
吹き抜けになっているので下の様子が分かります。
しょうげつ部屋 (7)
大きな吹き抜けには、これまた大きな窓が二つ。
しょうげつ部屋 (8)
左の窓は旅館への進入路としょうげつの庭の様子ちびっと見えます。
しょうげつ部屋 (9)
右の窓は絵に描いたような美しい海と志摩半島まで見る事が出来ます。
キレイダネッ o(゚▽゚o) (o゚▽゚)o ウンッ
しょうげつ部屋 (10)

【2階のトイレ】
風の二と同様大きな窓から海が見える絶景のトイレです。
絶景の露天風呂や展望風呂はよくありますが、絶景トイレはあまりないと思われます。
しょうげつ部屋 (11)

【寝室】
大きな窓はスイッチ一つでカーテンを上げ下げ出来るので、朝も明るくならないように出来ます。
しょうげつ部屋 (12)
寝室にも海とは逆方向にテラスが有り、椅子も置かれています。
しょうげつ部屋 (13)
テラスからは今年の6月から飼い始めたヤギ小屋や野菜を栽培してるハウスが見えます。
しょうげつ部屋 (14)

【部屋からの景色】
着いた時は雲に覆われていた空も夕陽が見る事が出来るほどになってくれました。
軍団は天気にあまり恵まれない方だと思いますが「海のしょうげつ」はいつも天気に恵まれます。
『晴れ女のおかげね』ヤッタネ!!(v゚ー゚)/\(゚▽゚v)ィェーィ♪『晴れ男様の実力だな』
しょうげつ部屋 (15)
目の前の伊勢湾は大きな船が途切れることなく、飛行機もすぐ近くを飛んでいきます。
しょうげつ部屋 (16)
この日は三日月を見る事が出来ました。
しょうげつ部屋 (17)
下呂のしょうげつには「翔月」という看板もあるので、しょうげつは月も意識しての旅館名かな。
海だけではなく、きれいな夕陽と月も見る事が出来る素晴らしい旅館であります。
しょうげつ部屋 (18)

【過去に泊まった違う部屋】
 風の一    ⇐ クリック
 風の二    ⇐ クリック
 風の三    ⇐ クリック
 大地の一    ⇐ クリック
 海の一    ⇐ クリック
 海の二    ⇐ クリック
 海の二    ⇐ クリック
 空の一    ⇐ クリック

次回は「はずれ」のないしょうげつの食事でーす。




☆☆☆ 今回の写真家 すずむし o[◎]_- )パチリ ☆☆☆

【2005年11月29日】
伊勢志摩カントリークラブ4番PAR4、この頃から旅行とゴルフという組み合わせが始まりました。
この時は今も時々利用している石鏡の新八屋に宿泊しました。
 (3)



ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 




  



o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?