無雙庵枇杷 部屋編 (2017年10月)
最後に残ったお部屋は平屋和み柱の家という名が付いた平屋タイプの「蕪」という部屋です。
寝室の洋室8帖、リビング和室8帖の余裕の作りは平屋タイプはほぼ共通です。
1階にある平屋タイプの部屋(筍・鶉・蕪)は前の木が邪魔で海があまり見えないのが難点でしたが、
つい最近、旅館の敷地の木を切ったという事で海も大変良く見えました。
ただ残念ながら、その前にある竹などの木は旅館の敷地でないので切れません。


【蕪】
蕪の文字と蕪の絵の飾りですが、ブンブンには蕪の絵が何となく鳥に見えてしまいます。
枇杷部屋 (1)

【和室】
8帖となってますが前に広縁が有る為か、広々した感じが有ります。
右側のテーブルで部屋食の対応もしてくれますが有料であります。
枇杷部屋 (2)

【窓際の椅子】
大きな窓の手前にはどの部屋にも色々な椅子が置かれています。
各部屋それぞれ違った趣ですが、置かれた椅子も各部屋違っています。
枇杷部屋 (3)

【寝室】
寝室は8帖の洋室で、窓から離れていてあまり日が入らないよう工夫されています。
枇杷部屋 (4)

【テレビ】
テレビは扉を閉めると隠れるようになっていて部屋の景観を壊しません。
旅館ではテレビを見ないのですが、撮影のため点けたら・・・警戒であります。 (ノД\lll)コワイヨー
枇杷部屋 (5)

【洗面】
シンクはひとつですが、アメニティは揃っています。
枇杷部屋 (6)

【シャワールーム】
ここから部屋の露天風呂に行きます。  ε=ε=ヾ(*゚ー゚)シ |温泉|
枇杷部屋 (7)

【露天風呂】
各部屋違った露天風呂ですが、この露天風呂は大変気に入りました。
湯口がカエルだったり、狸だったりではありませんが、右側の部分が傾斜になっていて寝湯になります。
傾斜のさらに上は頭を置く枕のような形になっているので、大変リラックスできました。
枇杷部屋 (8)

【テラス】
テラスの椅子は10月で少し肌寒かったのと温泉がぬるかったのであまり活躍はしませんでした。
枇杷部屋 (9)

【ビール】
今回は冷蔵庫が無料だったので2本目のアサヒビールであります。  (。-`∩´-。)ウーン・
枇杷部屋 (10)

【露天からの景色】
高台にあるので温泉に浸かりながら土肥の旅館街を見降ろせます。
枇杷部屋 (11)


次回はフリードリンクという事でガンガン飲んだ夕食と朝からビールの朝食です。




☆☆☆ 今回の写真家 すずむし o[◎]_- )パチリ ☆☆☆

【2014年11月18日】
恒例の越前カニ旅行の際にいつもラウンドする越前武生カントリークラブ16番PAR3です。
前年はすずむしは池ポチャでしたが、この日は見事なバーディチャンスに付けました。
スコアはぎりぎり100を叩かずの99でした。(ブンブンは85)
 (294)



ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 




  



o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?