NEMU HOTEL & RESORT 夕食編 (2017年1月)
年の初めにおんぼろテレビが故障して、35000円の特別出費があったので1日目の夕食は
外でお安く済ませたいのですが、雪にビビって運転できない軍団大ピンチであります。 (T▽T)尸~~SOS!!
ホテルでは夕食を取らないつもりなので知りませんでしたが、レストランは日本料理の本格懐石で
2016年3月18日に誕生したばかりの「レストラン里海」という立派なレストランであります。
部屋にあるレストランの案内を見るとコースは1万円と1万五千円の二択。
コースの注文は16時頃迄にしてほしいという事なので、それまでに返事をする事で保留しておきました。
部屋の案内にはコースのお品書きも載っていて、料理の内容も分かるようになっていました。
アラカルトもありましたが、何品か頼むと一人1万円位にはなってしまうので、結局コースを頼む事にしました。
お高い方の1万五千円の「山懐石」の椀物は「かぶら霙仕立て 河豚白子焼き」で非常に魅力がありますが、
今回はせちやくなので、ひじょーに残念ですが1万円の「海懐石」を頼むことにしてフロントに出動。
「ブンブン海と山と間違えちゃあだめよ 海だからね」  (*`◇´*)/ ハーイ♪
フロントまで歩きながら 『海・うみ・海・うみ・海・うにゃっ』  
フロントにとうちゃくー 「夕食がお決まりですか?」
「うーんと うーんと 山でっ」 (☆_@;)☆☆彡∑(`□´/)/ 「ばかものっ!!!」 
という事でブンブン大好きな椀物の誘惑に負けて、山懐石になってしまいました。
ちなみに予約制で2万円の月懐石と3万円の里海割烹というお高いコースもあるそうでーす。


【レストラン里海】
入口にはアラカルトのメニューも置かれていました。
合歓食事 (1)
豪勢なお花が活けられている通路を通って入場すると1番乗りでした。
合歓食事 (2)
案内された座席は大きな窓が目の前にあるテーブル席で個室ではありませんでした。
ライトアップされていますが、普通の森なので絶景ではありません。
「みんな居るし贅沢したからお酒はなしでいいよね (*^m^*) ムフッ」    (。>0<。)ビェェン
合歓食事 (3)


お品書きにはなかなか難しい口上が書かれておりました。

夕食 ~大寒~「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」

小寒から大寒に変わり、一年で最も寒さが厳しくなる頃。
大寒は冬の季節の最後の節気です。暦上の春は目前ながら、
ますます寒さ厳しいこの頃は、無病息災を願う大寒みそぎや
寒稽古など各地で寒行が行われます。

一方、昔からこの寒気を利用して様々な食物を仕込んできました。
特にこの時期に造る日本酒は「寒仕込み」と呼ばれ、低い気温の中、
ゆっくりと時間をかけて発酵させることによって、きめ細やかで
良質な酒に仕上がります。
三重の新酒が出始めておりますので是非お試しください。

又、大寒の最後の日は節分です。節分は「季節を分ける」という意味で、
翌日2月4日は立春となります。昔は、季節の変わり目には邪気(鬼)が
生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらいのなごりが
豆まきとなり、現在も各地で行われています。

山 懐石

ブンブンが理解できたのは要するに三重の新酒を飲んで下さいという事であります。
そこで、すずむしに「お品書きにも新酒を飲めって書いてあるよ」と恐る恐る伺うと
「飲んでよしっ」のお許しが出たのでまずは日本酒を注文。


【日本酒】
まずはお勧めの新酒の中からサミットで飲まれて有名になった「作」の新酒を注文。
(*´∀`)ノ凵凵ヽ(´∀`*)カンパーイ!!
合歓食事 (4)


【先付】
蒸し鮑と頭芋のフリット 柚子オイルの肝ソース掛け
頭芋は海老芋の親芋の事で、揚げる事によって食感がだいぶ変わっていました。
鮑はすんごくちっちゃかったでーす。
合歓食事 (5)

【前彩】
海鼠みぞれ和え 海胆松風 干し柿奉書なます 子持若布 カステラ玉子 
才巻海老 合鴨菜の花巻 新筍木の芽焼き 黒豆ブランデー煮
前彩(前菜)は四季を感じるというより盛り付けの美しさが際立っていたと思います。
合歓食事 (6)

【お椀】
かぶら霙仕立て 河豚白子焼き
楽しみにしていた椀物は汁は少なく煮物に近いイメージで今まであまりなかった一品。
河豚の白子焼きにはとろみが付いていて独特の味に仕上げられていました。
合歓食事 (7)

【割鮮】
とらふぐ 伊勢海老 伊勢まぐろ 平目 鰤  
御造りはどれも高級魚のオンパレードで、なかなか贅沢でした。
ここで今度は「作」のプロトタイプという何やらすごい名前の日本酒を飲んでみましたが、
少し発泡しているタイプの日本酒で甘みも強くハズレでした。
合歓食事 (8)

【旬彩】
平目の柚香蒸し 白菜と蛤のスープ仕立て
この料理は洋皿といった雰囲気でしたが、出汁が美味しく良かったです。
合歓食事 (9)

【焼き物】
伊勢海老黄金焼き 河豚利休焼き
伊勢海老と利休焼きは河豚と贅沢な食材でありますが、河豚は利休焼きでなくて良かったかも。
合歓食事 (10)

【強い肴】
松阪牛ほほ肉の味噌煮込み
揚げ牛蒡と六種の根菜含め煮(人参 蕪 さつま芋 玉葱 大根 ? )
1種類の野菜が何か忘れてしまいました。
松坂牛という事で期待が大きかったのですが、量も少なく味も今ひとつでした。
合歓食事 (11)

【食事】
鯛めしの焼きおにぎり茶漬け 香の物
焼きおにぎりの上にはなかなかの大きさのカラスミがドーンと乗っていました。
カラスミだけだとそれほど美味いと思いませんが、お茶漬けと一緒に食べると
カラスミの塩分と食感が引き立ち美味しく食べれました。
合歓食事 (12)

【甘味】
熟し柿のムース マスカルポーネのアングレーズ
マスカルポーネ(イタリア原産のクリームチーズ)
アングレーズ (デザートソースのひとつ。名称は「イングランドのクリーム」の意。
          カスタードソースの一種。菓子や果物に添えて供する)
合歓食事 (13)



【軍団の勝手な採点】
コストパフォーマンスを考慮して採点します。
料金が高ければ良いのは当たり前なので満足度が同じなら安い料金の旅館の方が☆を多くつけます。
宿泊料金は通常の価格で割引などがあっても割引額は引いてありません。
見習いどうでしょう軍団の勝手な判断です。
(すずむしとブンブンで話し合って採点します)



NEMU HOTEL & RESORT

【ご宿泊のみ】
夕朝食の含まれていない素泊りプラン。
■お部屋タイプ
・デラックスルーム(禁煙:定員4名様)

[ プラン内容 ]
■恵みの湯 KIYORA
天然温泉「潮騒の湯」、ミキモト コスメティックスと共同開発した「真珠の湯」「合歓の木湯」。
3種類の湯をめぐることで伊勢志摩の大自然の恵みを全身に取り込み、肌の浄化と再生、癒しが促され、
輝くような美しさを取り戻していただけることでしょう。


■NEMU HOTEL&RESORT限定のオリジナルアイテム
KIYORA内女性用浴室に設置しているシャンプー・コンディショナー・ボディソープは当施設オリジナル。
ミキモト コスメティックスのオリジナルスキンケアラインの、化粧水・乳液、洗顔料・メイクオフを用意しています。

■ ご予約の際の注意事項 ■
・本プランにはご夕朝食は含まれておりません。
館内でご夕食を希望のお客様は事前予約をおすすめいたします。
ホテルの営業状況によりレストランの席をご用意できない場合がございますので、予めご了承ください。


宿泊料金 12500円/1人  【一休.com】
夕食「山」 16200円/1人  


部屋 ☆☆☆☆
設備 ☆☆☆☆  
風呂 ☆☆☆☆☆
料理 ☆☆☆☆ 
接客 ☆☆☆☆ 
総合 ☆☆☆☆


初日なのでお安く泊まる予定が今回の旅行で一番豪勢になってしましました。
次の日がここのゴルフ場でラウンドだったので、このホテルを選んだのですが
部屋・風呂とも想像以上の良さで、素泊まりで10000円以上ですが納得の値段です。
特に温泉は天然温泉とミキモトのお湯と楽しめ、お風呂もきれいで最高でした。
夕食は1品出しでゆっくりいただけます。個室ではないので、こちらの食べるペースを見て
いいタイミングで料理が運ばれてくるのはホテルならではです。
私たちの近くのテーブルは同年代の年齢のカップルと若いカップルでしたが、それほどお酒を
飲まないので、私たちよりだいぶ短い時間で食事を終えていました。
私たちはデザートが済むまで2時間以上かけて食べましたが、スタッフの対応も良く満足できました。
次回は最初から食事のあるプランにしたいと思います。
私達は食べませんでしたが、朝食も評判がいいようで朝食だけのプランもありました。

次回は雪は舞いませんでしたが、強風と寒さに翻弄されたラウンドレポです。



☆☆☆ 今回の割烹すずむし (o*。_。)oペコッ ☆☆☆

【鶏団子と白菜・水菜のすまし汁】
鰹節と昆布の出汁です。
すずむし (1)






ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 




  



o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪


関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?