伊根湾めぐり遊覧船 (2016年10月)
天橋立を思いっきり堪能して、13時30分過ぎに今度は舟屋の里として有名な
丹後半島の東端にある伊根湾の遊覧船目指して出発です。
遊覧船の出発時間は毎時00分・30分が出発時間で所要時間は25分となっています。
丹後半島を舐めていたブンブン、天橋立からすぐだと思っていたら割と時間がかかるようです。
安全運転のすずむしには任せておけんと、ぎっくり腰ブンブンがここで登場です。


☆☆☆伊根湾めぐり遊覧船 ☆☆☆


ブンブンの荒々しい運転で~14時30分出発の遊覧船に間に合いました。
港には大きな観光バスが3台も停まっていてなかなかの盛況ぶりであります。
売店も有り、いろいろなお土産類が有りました。

【遊覧船】
何種類かの船があるようですが、この船は新しい船できれいでした。  o(^∇^)oワーイ♪
伊根 (2)
船の上にカモメがいます。
伊根 (1)
出航すると皆さん「かっぱえびせん」を持っていて、カモメにあげ始めました。
最初は大した数ではなかったのですが、そのうちカモメだらけ・・・
真ん中のカモメはサービス満点のカメラ目線であります。
伊根 (3)
伊根湾は青島という島があるので、風の影響を受けにくく、湾外に比べて波も比較的穏やかです。
伊根 (4)

【伊根の舟屋】
周囲5キロメートルの湾に沿って230軒あまりの舟屋が立ち並びます。
伊根 (5)
1階には船揚場、物置、作業場があり、出漁の準備、漁具の手入れ、
魚干物の乾場や農産物の置き場等と幅広く活用されています。
2階は生活の場、客室、民宿等に活用されています。
伊根 (6)
全国的にも大変珍らしく、重要伝統的建造物群保存地区選定地でもあります。
伊根 (7)
約25分で港に戻ってきました。駐車場の一番右側でダブルセブン号待機であります。
伊根湾の舟屋が珍しいものでしたが、どうもカモメとトンビの印象の方が強かった。
特にトンビはでかいのですずむしはびびりまくりでした。  (ノД\lll)コワイヨー
伊根 (9)

【道の駅てんきてんき】
伊根の舟屋から本日の宿まではほぼ1時間なので、何とか16時前には着きそうです。
「俺の荒々しい運転がぁ~」(☆_@;) \(`-´メ) 「計画が甘いんだよっ」
ここも伊豆半島のようにジオパークになってるみたいです。
伊根 (10)

【立岩】
先ほどの道の駅のジオパークの看板にも出ていた立岩に来ました。
伊根 (11)
下に降りて岩の方まで歩いて行けるようですが、時間がないので断念しましたが、
この位置からでも十分きれいでした。  キレイダネッ o(゚▽゚o) (o゚▽゚)o ウンッ
伊根 (12)


大急ぎになりましたが、何とか予定していた天橋立と伊根湾めぐりを終えて旅館に辿り着きました。
しかーし、チェックインが16時で、宿泊者の中でもだいぶ遅かったせいでひと悶着ありました。
次回はいきなり悪印象を持ってしまったこの日の旅館「炭平」です。


☆☆☆ 今回の割烹すずむし (o*。_。)oペコッ ☆☆☆

【帆立と人参のサヨリ巻き】
先月、釣ってきたサヨリをいただいた時に作ってくれました。
11月 (3)



ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 

     

o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪

関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?