つなぎ温泉 四季亭 施設編 (2016年7月)
羽黒山からつなぎ温泉まで最短のルートで行けば3時間以内で行くのですが
秋田県の鳥海山を見て、田沢湖も見るという無謀な予定のブンブン。
「だいぶ押してるけどだいじょーぶ?」  ?(・◇・;) マニアウノ
「がんばれば行けるんじゃあないのぉ」  p( `o´ )q オッス!
というようなブンブンの東北の広さをなめた発言で、予定通り日本海側の遠いルートを決行!
そして見事に鳥海山は曇って見えず、田沢湖なんか寄ったら旅館に着くのは18時過ぎちゃう
といったような事になってしまい、ただ遠回りをしただけになってしまいました。
「ばかものっ」 ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆  「・・・」 (_ _|||) ガックシ
結局頑張って、どこにも寄らず走ったけど旅館に着いたのは17時30分でした。


【秋田県はすずむしの物に】
羽黒山から道の駅「鳥海ふらっと」まではブンブンが運転していましたが
この道の駅で交代するとその後、すぐに秋田県に入りました。
ここまではすずむし37000ptに対してブンブンは21000ptとなっていました。
秋田県の広さは思ったより広く12000ptもあり、すずむしの合計は49000ptとなり
ポイント差は28000ptとなり勝負ありと思われましたが・・・。
「らくしょーだぁ」  o(^∇^)oワーイ♪    
秋田

【岩手県はブンブンの物に】
日本海東北自動車道を降り、少し走ると1時間過ぎたので、コンビニで運転を交代。
トンネルの中で岩手県に突入して、岩手県はブンブンの物になりました。
岩手県は2番目に大きな都道府県でなんと15000ptもあり、ポイント差は13000pt。
青森県は行かないのですべての県を通過してすずむしの勝利が決定!  <( ̄^ ̄)>エッヘン
しかーし、ブンブンには秘策があったのであります。  (*^m^*) ムフッ
岩手


【つなぎ温泉四季亭】
ブンブンのいい加減な予定では旅館に到着するのは16時過ぎでしたが、
到着したのは1時間以上遅れとなってしましました。
連絡はしてありましたが、旅館の入り口の道路にはスタッフが出て、待っていてくれました。
正面に見える庭に囲まれたように立つ部屋が特別室です。
四季亭施設 (1)

【広いロビー】
四季亭施設 (2)
ここで女将から「結婚30周年のお祝いに少し広い部屋を用意させていただきました」とありがたいお言葉。
四季亭施設 (3)
ロビーからは手入れされたきれいな庭を見る事が出来ます。
四季亭施設 (4)

【男性大浴場】
大浴場からは中庭の庭園の景色を楽しみながら入浴する事が出来ます。
四季亭施設 (5)
四季亭の温泉は単純硫黄温泉で神経痛や関節痛などの効能があるばかりでなく
メタケイ酸を多く含んでいる上にPHは9.1と高いアルカリ泉なので、お肌もスベスベです。
四季亭施設 (6)

【男性露天風呂】
裏山を見る事の出来る露天風呂は水曜どうでしょうでも登場していました。
四季亭施設 (7)

【女性大浴場】
シャンプー類が数種類も置いてあるので、自分の好きなものを選べます。
四季亭施設 (8)

【女性露天風呂】
露天風呂は網戸のような網があるので、虫が入らないように工夫されています。
四季亭施設 (9)

泉質:繋温泉混合泉の湯 単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉) ph9.1 泉温65.3℃
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、 痔疾、
    慢性消化器病、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進
    糖尿病、慢性婦人病、きりきず、慢性皮膚病


【朝の四季亭】
車は駐車場から玄関に回されています。
駐車場には常に誰かいて、気持ちの良い送迎のサービスがされているようです。
四季亭施設 (10)


到着がだいぶ遅れてしまいましたが、気持ち良い接客に感謝でした。
部屋も1室しかない特別室をサービスで用意してくれました。
この部屋は軍団の大好きな水曜どうでしょうのスタッフが2001年に宿泊した部屋でした。
次回はどうでしょうの部屋210号室「こうばい」を掲載します。



ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 

     

o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪

関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?