知多半島 海のしょうげつ 施設編 (2014年6月)
今回の2泊目は南知多の海のしょうげつです。
3年前に軍団恒例の越前蟹旅行の帰りに寄ったことがあります。
その時はメゾネットタイプでしたが、今回は平屋タイプの部屋でした。
人気のある旅館で旅行のブログにもよく出てきます。
部屋数は10室と少なくA・B・CとタイプがありAタイプは値段が高いです。
見習いどうでしょう軍団は普通の部屋でこの日はCタイプで風の1という部屋でした。
宿のホームページがなんやら良くわからんので、ブログで調べましたが
Aタイプの海の2が角部屋でえらく良さそうです。(値段もえらく良いけど・・・・)

【ロビーのテラス】
到着した日は天気が今一つだったので次の日の出発前の写真です。
ロビーには小さなラウンジもあり飲み物も置いてあります。
軍団は貧乏性なので金を取られるかとビビッて近づきませんでした。
漁師軍団

【テラスから部屋を望む】
真ん中に移っている白いのは大きな椅子
風呂から和室

【部屋からテラスを望む】
真っ暗ですんません。
和室からテラス

【部屋の露天風呂1】
前に遮るものがなく海がきれいです。
風呂1

【部屋の露天風呂2】
となりは前回、泊まった風の2(メゾネット)です。
風呂2

【部屋の露天風呂3】
風呂に浸かって撮った写真です。
湯船から海2

【漁師軍団疾走】
次の日の朝、漁船がいっぱい通過して行きました。
湯船から海1

【食事をいただいた個室】
前回来た時は12月だったので、クリスマスの電飾が飾られていました。
今回はまだ日も完全に沈んでなく、庭と遠くに山も見ることができました。
食事処からの景色

【前回泊まった風の2のテラスからの景色】
しょうげつメゾネット景色

【前回泊まった風の2の陶器の風呂】
しょうげつメゾネット風呂



どうでしょう軍団は温泉と飯が中心なので、どうしても部屋の写真が少なくなってしまいます。
家に帰ってカメラの中身をみると風呂と料理ばっか写っています。
しかもカメラマン(すずむし)が優秀で、ピンボケという残念な写真が多いです。
食事の時は酒が入るので、ピンボケはもちろんゼンボケ(なにかわからん)写真も多々あります。
最近はブログを意識してているので、がんばって撮っているのですが・・・

ここの温泉の泉質はナトリウム・カルシウム‐強塩化物・強食塩泉と長い名前ですが、いい温泉です。
最近は、部屋に露天風呂があれば高級旅館とうたっている宿も多いのですが、ここは料理も含めて本物だと思います。
次は料理を掲載したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?