伊豆高原 伊豆のうみ 食事・感想編 (2016年3月)
伊豆の海の食事は夕食も朝食も個室でいただきます。
貸切風呂と同じように時間になると電話があり、フロントに行くと個室に案内してくれます。
軍団の案内された部屋は外の景色は見えませんが、きれいなオブジェがある部屋でした。
隣の部屋の声が聞こえたので解りましたが、隣は庭が見える部屋のようです。

総料理長は和食の世界では知らない人はいないらしい重鎮の「浜田貞夫」です。
関西調理師「大京会」会長とか関西調理師連盟 常任理事・師範とかいっぱい肩書があります。
大京会なんて大したことないと思って調べたら名誉顧問はあの料理の鉄人道場六三郎でした。
おバカ軍団はまったく知りませんでした。 「大変 もーしわけございません」 m(_ _)mゴメン
山に登ったり、カピパラを見たり、忙しくて昼食抜きだったので早めの18時からのスタートです。


【個室のオブジェ】
庭は見えない部屋でしたが、きれいなオブジェが飾られていました。
伊豆のうみ食事 (1)

【先附三つ添え】
叩き長芋 蟹身 この子玉子 黒豆
根みつば うるい 細魚昆布〆 赤貝 生姜酢浸し
蓬豆腐 土筆 桜花うど わさびあん
左の食前酒はさくら酒という名前で少し甘酸っぱいお酒で、桜の香りがしました。
伊豆のうみ食事 (2)

【日本酒】
モンドセレクション特別金賞を何回か受賞した事のある「池」という地酒です。
伊豆高原の米を静岡県でも有名な富士錦酒造に依頼して作った純米酒。
お値段は安くて美味しいという、ありがたいお酒でした。 酒 (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
伊豆のうみ食事 (3)

【椀盛り】 
白魚玉子寄せ 筍 新若布 才巻海老 たらの芽 ゆり根 木の芽
伊豆のうみ食事 (4)

【お造り】 
富戸漁港 ほうぼう 鰆 鮪 真鯛 伊豆山葵
二人とも少し炙った鰆が一番美味しいという事で意見が一致。
伊豆のうみ食事 (5)

【焼肴】  
カマスふきみそ鋳込み  名残り白子昆布焼 天豆塩焼き
夏柑盛り 飯蛸旨煮 こごみ 木の芽味噌
筍飯蒸し あさり入り 皮包み
桜花長芋甘煮 はじかみ
すずむしは飯蛸旨煮が一番美味しかったみたいです。
ブンブンはどれも美味しいです。 クゥーッ!!”(*>∀<)o(酒)"    (*ノω<*) アチャー
伊豆のうみ食事 (6)

【煮物】  
海老芋うずら味噌かけ 揃え蕗 たぐり湯葉 白糸麩 柚子
伊豆のうみ食事 (7)

【お鍋】  
伊豆名物 金目鯛しゃぶしゃぶ 
水菜 大根 豆腐 茸 人参 長葱 ズッキーニ 白菜 合せ薬味 ポン酢
金目鯛のしゃぶしゃぶなんかどれも同じと思ってましたが、考えが変わりました。
たいへん美味しかったでーす。産地は伊東で捕れたものだそうです。
伊豆のうみ食事 (8)
鍋には出汁が入っています。
伊豆のうみ食事 (9)

【お食事】 
うどん または ご飯 赤出汁 香の物
食事はうどんかご飯を選びます。
両方頼んで二人で仲良く分け合って食べました。  ヨコセ(`A´)⊃ ご飯・うどん ⊂(`A´)ノーダッ 
伊豆のうみ食事 (10)

伊豆のうみ食事 (11)

【水菓子】 
メロン 苺 黒蜜ゼリー 桜アイスクリーム
伊豆のうみ食事 (12)

【朝食】
湯豆腐 菜の花お浸し いくら山菜和え あじたたき ちりめん雑魚 
あじ干物 金目鯛煮付け生野菜 魚沼産コシヒカリ あさり味噌汁 香の物 梅干し
朝食も良かったです。昨日の金目の頭は煮付けで出てきました。
中央の湯豆腐はいつまでも温かく食べられるように箱に炭が入っています。
その中でも一番は鯵の干物が抜群で、売ってる場所を聞いたら専属の魚屋が作ってるとの事。
伊豆のうみ食事 (13)

【デザート】
苺 キウイ オレンジ さつま芋チョコ
伊豆のうみ食事 (14)



【軍団の勝手な採点】
コストパフォーマンスを考慮して採点します。
料金が高ければ良いのは当たり前なので満足度がほぼ同じなら
安い料金の旅館の方が☆を多くつけます。
見習いどうでしょう軍団の勝手な判断です。
(すずむしとブンブンで話し合って採点します)


料理の宿 伊豆のうみ

【露天風呂付客室10日間タイムセール】一休が選ぶ全国30選
日頃のご愛顧に感謝の気持ちを込めて、久しぶりに大特価を設定させていただきました!
【基本プラン】2名で86400円(税込)が、特別に2名で69,000円(税込)17400円のOFF。


[ プラン内容 ]
心を癒す贅沢空間 露天風呂付角部屋特別室/ダブルベッド (55平米~60平米)
和室+広縁+広々洋室に露天風呂(源泉かけ流し・天然温泉)付の客室となります。
ベッドは人気のキングサイズ。
窓の向こうには豊かな自然と静けさ、そして潮の香りがほんのり感じられる「伊豆のうみ」自慢のお部屋です。
■お食事■
自慢の料理の数々は、プライベート感覚あふれる個室、静かで落ち着いた
雰囲気のダイニングでお召し上がりいただけます。
食の匠が腕を振るった 逸品をごゆっくりとご堪能ください。
お部屋は小上がり座敷、10畳以上。脚を伸ばせる掘り炬燵がゆったりとした開放感を演出しています。
■お風呂■
【お部屋】
すべてのお部屋に露天風呂(源泉かけ流し・天然温泉)がついております。
【貸切露天風呂(無料)】
自慢の貸切風呂は、天井まで清々しい木の香に包まれた総ひのきの内風呂に露天風呂。
広くゆったり自然の中に溶け込む露天は幅約7メートル、奥行き約 1.2メートルという特別な広さ。
この大きさ、広さをお愉しみくださいませ。


宿泊料金 34500円/1人  【一休.com】


部屋 ☆☆☆☆
設備 ☆☆☆☆  
風呂 ☆☆☆☆☆
料理 ☆☆☆☆ 
接客 ☆☆☆☆ 
総合 ☆☆☆☆


高級旅館でもなかなか全てがいい旅館は少ないですが、伊豆のうみは弱点がない
全体的にレベルの高い旅館といえると思います。
接客はチェックインから世話をしてくれた男性が少し不自然さがあるように感じました。
もちろんいやな接客ではないのですが、色々と丁寧過ぎる感じがしました。
夕食時に解りましたがここはまだ3ヶ月で、それまでは伊東の大きな旅館に25年勤めていたとの事でした。
大型旅館とはサービスや接客も全く違って、いろいろ勉強しているとの事でした。
旅館によって接客方法もだいぶ違うので、大変な苦労されてるのだと思いました。

食事は見た目も味も満足しましたが、金目以外はそれほど高級な食材はありませんでした。
伊勢海老や鮑などは別注料理でありましたが、少し値段が高めの設定でした。(大きいかもしれません)
私たちには十分な量でしたが、たくさん食べられる人には少し足りないかも。
施設編でも書きましたが、貸切風呂はこの規模の旅館では抜群です。
ブログなどで評判のいい女将は、朝食の時にいろいろと話が出来ました。
評判通りのいい人で、次回はブンブンの調子のいい夕食にぜひ話したいと思いました。
(☆_@;)☆ \(`-´メ) 「酔っぱらってグダグダになるでしょっ!」
美味しかった干物も仲居から聞いたらしく、旅館の在庫の中から10枚ほど分けてくれました。
帰りはベテランの仲居と女将の二人で昨日の男性には会えませんでした。
応援したかったのですが少し残念。   「これからもがんばって」 
閑静な落ち着いた旅館でゆっくりできました。

次回からは伊豆に連チャンでまたまた行った旅行記です。
目的はもちろん伊豆半島制覇を目指してで、ゴルフ場は大熱海国際GC大仁コースです。
体調がよくなってきて喜んでいたら前日の仕事中にまたまたぎっくり腰になってしまい
ロキソニンを飲んで、半べそをかきながら回ったラウンド報告です。


ブログを読んでいただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
中年夫婦 がんばっていますのでボタンも押してね。
ちなみにすずむしと富士山も押せるよ。





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?