伊豆高原 伊豆のうみ 部屋編 (2016年3月)
この日の部屋は「春しおん」という部屋で2階の角部屋です。
どの部屋も広くて露天がついているので、どの部屋を予約するか悩みました。
旅館のホームページや旅行サイトで部屋を調べたのですが、今一つイメージが沸かなかったので
旅館に電話して、一番眺望のいい部屋はどこか聞いたらこの部屋を勧めてくれました。
「2階のダブルベッドの角部屋が天気が良ければ大島も見えて一番お勧めです。」
ということでしたがよくよく調べると特別室でお値段が微妙に高い・・・
「特別室でお高いみたいけどだいじょーぶ?  (゚ペ)? 」 
「お・おうぅ そんなもん らくしょーじゃぁ (T▽T)尸~~SOS!! 」
ということでこの部屋でお世話になることになりました。
「 ハルシオン? 睡眠薬?  o( _ _ )o...zzzzzZZ 」  (*ノω<*) アチャー


【和室】
10畳の和室で正面には大きな広縁があります。
伊豆のうみ (1)
広縁の床はピカピカに磨かれています。
伊豆のうみ (2)
左側が部屋露天の入り口、右側の窓も下までガラスになって景色がよく見えます。
伊豆のうみ (3)

【部屋の露天風呂】
源泉かけ流しで加水、加温一切なしです。
箱のふたを開けると源泉の蛇口があるので、温泉の量を調節すれば温度調整が出来ます。
玄関から案内してくれた男性の接客係が最初に調節してくれました。
伊豆のうみ (4)
露天風呂に浸かっても少しですが、海も見えます。
伊豆のうみ (5)
非常に薄っすらですが、伊豆大島が見えています。
vs160414-001.jpg


【寝室】
1段上がったところに大きなダブルベッドがあります。
伊豆のうみ (7)
寝室には冷蔵庫や空気清浄機、コーヒーメーカーがあります。
冷蔵庫の中は缶ビール、缶チューハイ、ペットボトルの水が各2本しか入っていません。
伊豆のうみ (8)

【広縁】
大きな広縁で寝室と和室の中間の位置にはシンクがありました。
伊豆のうみ (6)
和室の案内に「お風呂上がりに生ビールはいかがですか?」と書かれた紙がありました。
「すずむしも飲むか?」   「私一口でいいよ」  「それなら1杯でいいな」
という事で1杯だけ注文をしました。 750円とお安い値段だと思ったら・・・
  「 ちっちぇーっ  Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン 」   (*^m^*) ムフッ
結局、冷蔵庫の中の缶ビールも出動となりました。
伊豆のうみ (9)
椅子に座って仲良く景色を見ながら飲む生ビールは美味しかったです。
伊豆のうみ (10)
椅子に座ってみた景色です。
伊豆のうみ (11)


玄関からは扉が二つあって和室にも寝室にも直接行ける間取りでした。
玄関のすぐ近くにトイレが有り、工夫された造りだと思いました。
広縁の床は何の木かはわかりませんが、無垢の木でピカピカに磨いてありました。
床で感動したのはここが初めてです。
露天風呂から見える建物は売りに出されてる別荘ですが、微妙に景色の邪魔でした。
閑静な別荘地なので、静かで鳥のさえずり位しか聞こえない良い所です。

次は伊豆のうみ自慢の料理の掲載です。
なんやら料理会の重鎮が、プロデュースする期待大の料理であります。



ブログを読んでいただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
中年夫婦 がんばっていますのでボタンも押してね。
ちなみにすずむしと富士山も押せるよ。





関連記事
スポンサーサイト

Comment 2

ダブルセブン

おはようございます。
今回泊まった旅館は伊豆でも静かなところでゆっくり寛げました。
一休でお得なプランが出ていたので奮発して特別室にしました。
二人なら通常の部屋でも十分広いようでした。
料理は道場六三郎の弟子で、関西の料理界の重鎮という人が
プロデュースしているということでした。

お庭完成おめでとうございます。

2016/04/30(Sat) 08:57

Edit | Reply | 

アイランドブルー

今回も

こんばんは^_^
今回も素敵な部屋にお泊りで
ちょっと私達には特別室は手が届きませんが
写真を見て楽しみますね^_^
今回の庭造りのイメージは色々な宿やホテルに泊ってそのイメージの蓄積でプランを考えました^_^作りは写真で見るより雑ですが満足しています
出来映えに^_^
次回の食事、楽しみに待ってますね^_^

2016/04/29(Fri) 19:41

Edit | Reply | 

What's new?