鬼岩温泉 了山 部屋編 (2016年2月)
了山のウェルカムドリンクはリラクセーション読書室 「川遊」でいただきます。
抹茶とお菓子をいただいたき少し寛いでいると部屋に案内してくれます。
軍団はあまり本を読まないので、この後利用する事はありませんでした。
館内の説明を聞きながら「かじか橋」を渡るといよいよ期待のはなれ仙葉亭です。


【かじか橋から見た仙葉亭】
了山・部屋 (1)

【仙葉亭へのアプローチ】
了山・部屋 (2)

【玄関】
この部屋だけは完全な離れの1部屋です。
門構えも玄関も入口の扉もすべて木でぬくもりを感じられます。
了山・部屋 (3)

【玄関の廊下から】
廊下と言っても畳敷きになっています。
正面がテラスと露天風呂で右側が部屋です。
了山・部屋 (4)

【テラスと露天風呂】
川の近くには桜がたくさんあるので桜の咲く頃は最高だと思います。
残念ながらこの季節は寒くて出るのも厳しいです。
了山・部屋 (5)

【主室と寝室】
14畳の主室の向こう側にベッドの寝室があります。
昨年の2月にリニューアルしてベッドに替えたそうです。
了山・部屋 (6)

【露天風呂】
木の湯船で悪くないのですが、小さいので二人で入るときついです。
「すずむしもっと向こうに行きなさいよー」  「ノーだっ」 o((;>口<;))o 《嫌ダァー!!
了山・部屋 (7)

【露天風呂にある木】
露天風呂のすぐ横を大きな木が床から天井に突き抜けています。
了山・部屋 (8)

了山・部屋 (9)

【まさかの雪】
次の日の朝まさかの雪が降って来ました。
8時30分からの朝食をあわてて済ませて雪見風呂をと思い
大浴場に行ったのですが、入浴時間が9時までで閉まっていました。
「旅館で9時まではないだろう!」  「そうだそうだぁ」  (`ε´)ぶーぶー
了山・部屋 (10)

【テラスから雪見】
軍団の地域ではこんな雪は見れないので寒いのを我慢して見てました。
了山・部屋 (11)

【部屋から雪見】
5分も見ていたら寒くて「死みそー」になったので部屋からの見学に変更!
了山・部屋 (12)


積もりそうな勢いで降っていましたが、1時間くらいでやみました。
一昨年ホテル花水木で雪で帰れなくなったのを思い出して
ビビりましたが、積もらなくてよかったです。
次回は「渾身の料理長創作料理プラン」という事で
非常に期待大でしたが、そうでもなかった食事です。



ブログを読んでいただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
中年夫婦 がんばっていますのでボタンも押してね。
ちなみにすずむしと富士山も押せるよ。





関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?