お宿 うおたけ 越前がにの食事編 (2015年11月)
夕食の時間はゆで蟹がアツアツで持ってこれる時間にしてくれるよう頼みました。
18時30分ごろに茹で上がるという事で、その時間に合わせてくれるとの事。
毎年来ているので軍団を覚えてくれたみたいでありがたい事です。
18時過ぎに夕食の準備を始めてくれ、最初の料理を持ってきてくれました。
日本酒は蟹に合うお酒で、蟹至福というこれでもかという名の酒を頼みました。
4合瓶で2500円とえらく良心的な値段です。
他の日本酒も4合で2000円位のものも有り、お酒はかなり安いです。


☆☆☆ 夕食 ☆☆☆


【せいこ蟹とカルパッチョ】
せいこ蟹も悪くありませんが、ここでがっつくと後のメインが食べきれません。
ここは持ったない気もしますが、内子と外子だけを食べます。
うおたけ食事 (1)

【お造りの盛り合わせ】
平目 やがら 烏賊 ハマチ 甘エビ ボタンエビ 
まとう鯛 れんこん鯛 スズキ 鯵 貝
メインの蟹が出てくる前にこの量の刺し身が出てきます。
平目・やがら・ボタンエビは完食しましたが、その他は少し残してしまいました。
どれも美味しかったですが、あまり食べた事のないボタンエビは最高でした。
ちなみにこの辺でもボタンエビが捕れるそうです。
うおたけ食事 (2)

【蟹の刺し身】
うおたけ食事 (3)

【ゆで蟹】
待望の茹でがに登場、アツアツで湯気が立っていました。 ヽ(^◇^*)/アツアツ
うおたけ食事 (4)

【蟹将軍 登場】
上の写真の右側の蟹をすずむしが解体しています。
こちらの蟹の方が少し大きく重さもありました。
vs151213-001.jpg


【ゆで蟹 解体】
ゆで蟹が来てからは食べるのに必死でほとんど会話がなくなります。
(●´)З`)))モグモグ      (*´艸`)〃モグモグ
うおたけ食事 (5)

【蟹の唐揚】
うおたけ食事 (6)

【焼き蟹】
料理も終盤になって来ましたが、食べるのに必死でお酒がまだ残っています。
うおたけ食事 (7)

【吸い物】
コラーゲンたっぷりのゲンゲの吸物です。
ご飯は蟹の釜飯でしたが、すずむしカメラマン撮り忘れました。
うおたけ食事 (8)

【デザート】
うおたけ食事 (9)


☆☆☆ 朝食 ☆☆☆


【蟹のお鍋】
お鍋は昨日の夕食に出る料理ですが、食べれないのが解っているので
毎年、次の日の朝食に出してくれるように頼んでいます。
うおたけ食事 (10)

【温野菜】
キャベツ さつまいも 南瓜 エリンギ ブロッコリー 海老
うおたけ食事 (11)

【ほかの料理とご飯】
カレイ干物 温泉卵 イカ刺身 鰯刺身 もずく 梅干し
ここの梅干は大きくて抜群に美味しいです。
一昨年はたくさんあるという事でお土産に頂きました。
しかし今年は梅泥棒にあって、数があまりないとの事でした。
ひどい事をするやつがいるもんです。   o(`д´ 。) ケシカラン
うおたけ食事 (12)

【せいこ蟹の味噌汁】
鍋に入れて火をつけてくれるので、最後まで冷めない味噌汁を飲めます。
うおたけ食事 (13)


【軍団の勝手な採点】
コストパフォーマンスを考慮して採点します。
料金が高ければ良いのは当たり前なので満足度がほぼ同じなら
安い料金の旅館の方が☆を多くつけます。
見習いどうでしょう軍団の勝手な判断です。
(すずむしとブンブンで話し合って採点します)

お宿うおたけ

越前がにフルコース☆茹でがに1人1杯に、蟹刺し・蟹鍋・焼き蟹・蟹唐付
【別館 えちぜん】 食事の間と寝室と岩風呂付のお部屋です
お部屋は、食事をするお部屋とベッドルームとお風呂(天然温泉)が付いております
室内は、FORISの液晶テレビ・シモンズのベッド・デタイユのアメニティーなど
すべてが一流品ですその他おつまみやティーパックなどもご用意してございます
また24時間インターネットも無料で自由にご利用いただけます

「越前がに」の本場はやっぱり「越前港」~「うおたけ」は越前港のすぐ近くに位置し
毎日のように越前港へセリに行くのでとっても新鮮です
しかも仲買人をとおしておりませんのでとってもお得なのです♪


宿泊料金 42120円/1人  【じゃらん】

部屋 ☆☆☆☆☆
設備 ☆☆☆☆  
風呂 ☆☆☆☆
料理 ☆☆☆☆☆ 
接客 ☆☆☆☆☆ 
総合 ☆☆☆☆☆


値段は張りますが、やはり越前がには抜群の味でした。
昨年は本館だったためか、ゆで蟹が冷えてしまっていましたが
今年はアツアツのゆで蟹を食べれました。
とにかく料理は量が多いので、刺身は美味しいけど毎回残してしまいます。
そのためお客によってはゆで蟹を1杯お土産に持って帰ります。
軍団も1度家に持って帰りましたが、やはり味が落ちるので持ち帰りは止めました。
現地で茹で立てを食べるのが一番美味いし、旅の醍醐味だと思います。
うおたけの新館はお風呂も自分たちだけで居心地も最高です。
来年も蟹旅行はうおたけにお世話になりそうです。 

越前からは家まで遠いので、ヘタレ軍団帰り道にもう1泊して帰りました。
宿泊先は先月に続いてまたまたお気に入りの海のしょうげつです。
今回の部屋は最初に来た時に泊まったメゾネットタイプの部屋でした。
次回は海のしょうげつのメゾネットタイプ風の二です。


ブログを読んでいただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
中年夫婦 がんばっていますのでボタンも押してね。
ちなみにすずむしと富士山も押せるよ。





関連記事
スポンサーサイト

Comment 6

ダブルセブン

うおチャン さん

こんばんは。
私も蟹は年に一度、越前がに旅行のみです。
値段も張りますが、日本海なので冬は雪でたどり着けません。
やはり近海で捕れるので鮮度抜群で美味しいです。
この旅館は蟹ばかりではなく刺身も半端じゃないです。
うおチャンさんの近くだとやはり松葉がにですね。
ぜひ、松葉がにをやっつけてきてください。

2015/12/16(Wed) 22:50

Edit | Reply | 

ダブルセブン

nyanu53 さん

こんばんは。
年に1度の蟹旅行なので、美味しさも倍増です。
3月中旬まで越前がにはあるのでその頃にも行きたいのですが
一つ間違えると雪で大往生してしまう可能性があるので
恐ろしくて行けません。(過去に2度ほど雪にやられました)

ずわいがにのブランドでは松葉ガニの中でもプレミア的な蟹で
京都に間人蟹というブランドがあります。
1度挑戦したいのですが、値段もプレミアなので二の足を踏んでいます。
来年は結婚30周年なので奮発してもいいかとも思っています。

がんばってDVD作ってますが、編集に時間がかかって
ブログはおろか他の事も手が回らなくて悲鳴を上げてます。
好きなゴルフもコースはおろか練習もしてません。

2015/12/16(Wed) 22:39

Edit | Reply | 

うおチャン

こんばんは

かに... カニ... 蟹
羨ましいです

こんな立派なカニは無理ですが
私も食べれるように
努力します
V(^_^)V

2015/12/16(Wed) 19:13

Edit | Reply | 

nyanu53

ブンブンさん、すずむしさん、こんばんは(^∇^)

うおたけさん、施設は勿論ステキですが、料理がスゴいですね。
茹でたてのカニを出して頂けるとは素晴らしいです!
こんなに大きなカニが出て、この値段はお値打ちですね。
また、カニだけではなく、お刺身や蟹至福というお酒も気になります。

今年北陸旅行に行く前はカニのブランドもよくわからなかった私ですが、ブンブンさんに頂いたコメントをきっかけにカニブランドに興味を持ちました。
来年は本場の「越前カニ」を食べに行きたいと考えていますが、今回の記事を拝見して益々思いが募りました!


奥様の誕生日プレゼントの手作りDVD、とてもステキですね。^^
毎年、思い出と共に心のこもったDVDが増えていくなんて、奥様が羨ましいです。

ネコアイコン、お褒め頂きありがとうございます。真ん中の子が実家で飼っているネコなのですが、私に似て食いしん坊なので、すっかりデブネコになってしまい、今は見る影なしです…(;^_^A

2015/12/16(Wed) 00:06

Edit | Reply | 

ダブルセブン

タムラですさん

こんばんは。
11月は最初に取れた連休は越前ガニ旅行が恒例になっています。
それなりの大きさだとだいぶ値が張りますが、恒例行事なので
奮発してそれなりの大きさの蟹を頼んでいます。
1kgを超すと献上蟹クラスでぐんと値が張るのでいつも900g
今年は20日過ぎで少し出遅れましたが、美味しくいただけました。
食べてるときは無口どころか、酒好きの私が、酒もろくに飲まずでした。
越前がに、恐るべしですね。
タムラさんも久しぶりにどうですか?

2015/12/15(Tue) 23:01

Edit | Reply | 

タムラです

NoTitle

こんばんは!

お宿 うおたけ の越前ガニ フルコースは本当に かに三昧ですね!
茹でがには 立派な大きさで見事です。

かにを食べると なぜか無口になります!

かにの刺身に 焼きがに お造りの盛り合わせ・・・ とても美味しそうです!
そう言えば 私は最近 越前がにを 食べていない事に気が付きました (笑)

2015/12/15(Tue) 21:10

Edit | Reply | 

What's new?