北陸3県縦断の旅 雪の大谷編(2014年5月) 
今回は立山アルペンルート室堂。
雪の大谷を見るぞ!という事になって、サイコロの旅の抽選も雪の大谷から行けるルートを中心に作りました。
旅行の前にほぼ毎回行っているサイコロ抽選のフリップを紹介したいと思います。

本家どうでしょうに習って、6の目はいつも厳しい旅にしていています。
今回は雪の大谷ではなく、さらに遠い四国の徳島と香川です。
ちなみに大窪寺は四国八十八寺巡り最後の札所で、どうでしょうで大泉校長がずるをして行かなかったお寺です。
(試験に出るどうでしょう 石川県・富山県収録)
”出てしまいましたねー” なんて事になったら死にそうになっても行きます・・・・

そして下のような内容のフリップですずむしが出したサイコロの目は 4

サイコロ 2014/5

ミステリーツアーはブンブンが行程を考えてます。
6が出なかったので、雪の大谷見物はすることにしてその後に北陸縦断ツアーとしました。
当然ながらミステリーツアーなのですずむしは、行先も宿泊先も知りません。

北陸自動車道からの雪山の景色
北陸道からの山

弥陀ヶ原の道路状態(道路の脇にはすでに身長より高い雪)
弥陀ヶ原

過去に2度宿泊したことのある弥陀ヶ原ホテル
富山の街が見える部屋と山側の部屋があります。
夜景がきれいなので、空きがあれば富山の街が見える部屋がおすすめです。
弥陀ヶ原ホテル

雄山の頂上(左側が雄山神社)
去年と一昨年2年連チャンで頂上まで登りました。
去年は台風一過で富士山も見えました。
調子に乗って大汝山・富士の折立・大走りと縦走そして・・・見事にやられました。
雄山

左の山が有名な剣岳(雪であまり迫力はなーし)
剣岳

腹が減っては、戦は出来ぬ!という事で食べた室堂駅の立山そば
このそばを食べたせいで、後々どうでしょう軍団ピーンチとなりました。
うどん

室堂には過去3回来たのですが、初めて雷鳥を見れました(しかもご夫婦で登場)
ライチョウ

雪の中のホテル立山
昨年いい年の素人のくせに立山縦走に挑戦して、ひどくやられてたどり着いたホテルです。
写真で見えている窓の下の方の左から3番目の窓の部屋に泊まりました。
ホテルを撮影した場所は水飲み場のある近辺ですが、あたり一面雪でーす。
ホテル立山

昨年9月 ホテル立山 宿泊した部屋の窓からの雄山と月の風景
ホテル立山 月

よくポスターになっているバスと雪の大谷の景色
今年は最高時が15メートルで、この日は13メートル位とのことでした。
大谷バス

雪の大谷ウォーク
国際色が濃く、日本人の方が少ないかも?
大谷人間

帰りのバスからの室堂ターミナル
さすがのすずむし 見事に雨(みぞれ)を降らせました。
雨の室堂

窓越しの雪の大谷最高地点
結構ひどい雨で観光客の皆さんも退散して、人っ子一人いません。
さぞやられたことでしょう。
大谷雨

午前中は天気が持つ予報だったので、早目に家を出て大正解でした。
立山駅を9時30分(臨時便)のケーブルカーに乗り、10時40分に室堂に着きました。
30分出るのが遅かったら、室堂に着いた頃は雨が降り始めていましたと思います。

夏や秋はこの辺りは散策するにはいい所ですが、この時期は雪で散策には向きません。
ホテル立山の前の水飲み場も雪で覆われているし、遊歩道も雪道になっています。

散策を止めて時間に余裕ができたので、雪の大谷ウォーキングの前に腹ごしらえとなりました。
先に歩けばよかったのですが、後まわししたので少し雨に降られてしまいました。
少し濡れましたが、最高地点まで行けて良かったです。
帰りのバスに乗った頃には本降りになっていて、歩いている人も少なかったです。

雪の大谷はこの時期しか見れないものですが、軍団は秋の立山の方がいいという事で一致しました。
13時30分頃に立山駅について今夜の宿泊地、石川県の和倉温泉に向かいます。

次は試験に出るどうでしょう石川県・富山県で宿泊、撮影した多田屋です。
撮影時に宿泊したと思われる特別室を予約しましたが、
特別室がいくつか有って残念ながら同じ部屋には宿泊できませんでした。
関連記事
スポンサーサイト

Comment 0

What's new?