fc2ブログ

ダブルセブンどうでしょう

ゴルフと旅行 中年夫婦奮闘記

 >  静岡県の旅館 >  浜名湖遊覧船と山水館欣龍 (2022年12月)

浜名湖遊覧船と山水館欣龍 (2022年12月)

休暇が余っているのと旅行支援があるので、またまたお気に入りの山水館欣龍です。
前回は11月29日でしたが、冬の料理になっていたので、今回は冬の料理2回目です。
部屋の窓からよく見る遊覧船でしたが、乗ったことが無かったので乗ってみました。
山水館欣龍のすぐ横が遊覧船の港なので、荷物を旅館に預かってもらい乗船しました。
約30分の浜名湖周遊(舘山寺近辺)ですが、この時期はカモメがいて楽しいです。
かっぱえびせんをカモメにあげたのですが、手に持っているえびせんを上手くくわえていきました。
そのうち慣れてきたのかブンブンの頭にカモメが代わる代わる乗ってきました。 (`□´)コラッ!乗るな
完全にカモメになめられて、15時過ぎにチェックインしました。  (*`◇´*)/ タノモー♪



【遊覧船】
いくつかのタイプの遊覧船がありますが、今回この遊覧船に乗船しました。
欣龍施設 (1)

【舘山寺港】
山水館欣龍のすぐ横が港で、舘山寺の旅館に宿泊すると100円割引となります。
通常料金が1200円なので、1100円で乗船できました。  (o*。_。)oペコッ
欣龍施設 (2)

【カモメ】
今年は10月26日に飛来を確認出来て、2月いっぱいは見られるそうです。
乗っている人がかっぱえびせんを、くれるので次々にカモメがやって来ます。
欣龍施設 (3)

【東名高速道路】
右側の橋は東名高速の橋です。
欣龍施設 (4)
愛知方面に向かって上の橋を渡ると、すぐに浜名湖のサービスエリアです。
舘山寺方面がきれいに見えるので、お勧めだと思います。 
欣龍施設 (6)
写真は船上からですが、サービスエリアからの景色はこんな感じです。
大きな観覧車は山水館欣龍からも見れる遊園地パルパルの観覧車です。
欣龍施設 (5)

【富士山】
天気が良かったので、船上から富士山を見る事も出来ました。
「♪あったまを~♪くもぉの~うえにぃだぁし~♪」 ♪d(^〇^)b♪ルールー♪
『くもぉの~うえでなくてやぁまの~うえだな』  ( ̄へ ̄|||) ウーム
欣龍施設 (7)

【ホテル九重解体中】
水曜どうでしょうで登場したホテルですが、面影もなくなってしまいました。
欣龍施設 (8)

【山水館欣龍】
左がいつもお世話になる山水館欣龍で正面が舘山寺となります。
欣龍施設 (9)

【摩周】
この日はスタンダード高層階のプランだったので、部屋は6階となりました。
6階の部屋は湖の名前が付いていてこの日は北海道の摩周湖でした。
宿泊した事のない部屋がいいと話した事があって、今回も初めての部屋にしてくれました。
欣龍施設 (10)
12畳の和室と広縁の間取りはスタンダード和室はどの部屋も一緒です。
欣龍施設 (11)
広縁からはいつもの大草山と内海の景色が広がります。
欣龍施設 (12)
大草山が夕日で染まって、紅葉のようにも見えました。 
キレイダネッ o(゚▽゚o) (o゚▽゚)o ウンッ
欣龍施設 (14)

【ホテル九重】
解体がだいぶ進んで、遊園地の観覧車が全て見えるようになってしまいました。
欣龍施設 (13)
ユンボ大活躍であります。 (o≧д≦)o頑張れェェェ♪
欣龍施設 (15)

【貸切風呂】
今回の貸切風呂は「日の湯」で丸い陶器のお気に入りの方でした。
欣龍施設 (16)





ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゴルフブログ 夫婦ゴルファーへ
にほんブログ村
  


o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪


関連記事
スポンサーサイト



やまさん * by ダブルセブン
コメントありがとうございます。
この時期は何処の遊覧船もカモメの餌やりをやっています。
熱海の初島や京都の伊根でもカモメがたくさん来ました。
それでも頭の上にまで乗られたのは初めてでした。

No Subject * by やま
カモメがこんなにもたくさんいるとは、すごい!
エサを与えてやってくるのだから、人に慣れているということでしょう!

コメント






管理者にだけ表示を許可する

やまさん

コメントありがとうございます。
この時期は何処の遊覧船もカモメの餌やりをやっています。
熱海の初島や京都の伊根でもカモメがたくさん来ました。
それでも頭の上にまで乗られたのは初めてでした。
2023-03-27 * ダブルセブン [ 編集 ]

No Subject

カモメがこんなにもたくさんいるとは、すごい!
エサを与えてやってくるのだから、人に慣れているということでしょう!
2023-03-26 * やま [ 編集 ]