fc2ブログ

ダブルセブンどうでしょう

ゴルフと旅行 

 >  茨城県の旅館 >  別邸 翠風荘 慶山 食事・感想編 (2022年11月)

別邸 翠風荘 慶山 食事・感想編 (2022年11月)

夕食の時間も朝食の時間も選ぶ事が出来て、夕食はいつもの18時でお願いしました。
ちなみに朝食は遅い方の時間の8時30分を選択。
食事処は1階の大広間を使っていて、窓からは庭と霞ヶ浦の景色を見る事が出来ました。
また、2階にも食事処がありますが、こちらは畳でなく洋風となっているようです。
この日は3組のゲストだったので、1階の食事処だけ使ったと思います。
温泉とサウナを十分に楽しんで、食事処に出動です。  (*`◇´*)/ タノモー♪




【食事処】
写真では降りてませんが、食事中はパーテーションが下ろされ、他のゲストは見えませんでした。
翠風荘食事 (1)
奥には大きな石のオブジェがありました。
翠風荘食事 (2)
石の事は良く分かりませんが、価値のあるものかもしれません。 ワカンニャイ…(*´ェ`*)ゞ
翠風荘食事 (3)

【セットされていた料理】
翠風荘食事 (4)

【日本酒】
久保田 万寿
新潟の銘酒と言える久保田の万寿が良心的な値段だったので、この日はこれに決定!
高級旅館らしく器も凝った物で出てきました。  v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪
翠風荘食事 (11)

【造り】
鯛 鮪 甘海老
頼んだプランが一番リーズナブルだったせいもあってか、お造りのラインアップは普通でした。
翠風荘食事 (5)

【酢の物】
鯉あらい旬果に巻いて グレープフルーツ 林檎 パイナップル
癖のあるイメージの鯉ですが、果物と一緒だったせいか全く抵抗なく食べられました。
食感も良くて、こんな食べ方もあるのかと感心しました。
翠風荘食事 (6)

【先付】
柿白和え ホッキ貝と白木耳 ほうれん草お浸し
先付けも地味ですが、日本酒に合う品で悪くなかったです。 (*゚∀゚)ノ€[万寿]
翠風荘食事 (7)

【焼き】
常陸牛陶板焼き 玉ねぎ 隠元 カリフラワー
ブランド牛の常陸牛は陶板焼きで、見るからに美味しそうなお肉です。
料理が少なめのプランなので、先付が終わってすぐに火を付けてもらいました。
翠風荘食事 (8)

【椀】
金目鯛 白舞茸
椀物は上品な清汁仕立て、大きな具が入っていて大変良かったです。
翠風荘食事 (9)

【焼き】
常陸牛陶板焼き
椀物を堪能し終わる頃に常陸牛様が出来上がり。 ウマ━(●゚∀゚●)━ス!!!!
翠風荘食事 (10)

【煮物】
鰤大根 絹さや
翠風荘食事 (12)

【油物】
鯰香り揚げ しし唐
揚物もあまり食べた事がない鯰でしたが、しっかりしていてフグにも似ている感じでした。
翠風荘食事 (13)

【鍋物】
はりはり鍋 ローズポーク 水菜
ローズポークは茨城県のブランド豚で1983年に誕生しました。
バラのようなきれいな肉色と茨城県の県花がバラという事で命名されたそうです。
ローズポークも美味しかったですが、水菜も食感が良かったです。
翠風荘食事 (14)

【食事】
新米 行方産コシヒカリ 赤だし 香の物
比較的に料理の量が少なめだったので、御飯も普通盛りで食べられました。 (●`~´●)モグモグ
翠風荘食事 (15)

【デザート】
メロン ぶどう さつま芋 プチケーキ
デザートは少なめですが、高級なメロンとすずむしの好きなお芋が出てきました。
翠風荘食事 (16)

【朝食】
ちりめん卸し 牛時雨煮 白菜 筑前煮 湯葉 鮪山掛け ほうれん草お浸し 秋刀魚煮 納豆
9カ所に仕切られた入れ物に料理が並べられて、とても綺麗で食欲がわきます。
翠風荘食事 (17)

【朝食】
生野菜サラダ 出汁巻き卵 明太子 鰆塩焼き 白米 お味噌汁 香の物
暖かい料理は後から持って来てくれました。
翠風荘食事 (18)

【ブンブン コーヒー】
ブンブンはいつものようにブラックであります。 
翠風荘食事 (19)

【すずむし コーヒー】
すずむしはブンブンの砂糖とミルクも入れてコーヒー牛乳となります。 (_ _|||)
翠風荘食事 (20)




【軍団の勝手な採点】
コストパフォーマンスを考慮して採点します。
料金が高ければ良いのは当たり前なので満足度が同じなら安い料金の旅館の方が☆を多くつけます。
宿泊料金は通常の価格で割引などがあっても割引額は引いてありません。
見習いどうでしょう軍団の勝手な判断です。
(すずむしとブンブンで話し合って採点します)



別邸 翠風荘 慶山

【お手軽/料理長特選プラン】日本庭園の美しい紅葉を楽しむ お料理は少なめで海鮮や常陸牛を!

[ プラン内容 ]
部屋タイプ 【離れ】日本庭園を独占できる専用露天風呂付の特別室
日本屈指の石の名庭「無心庭」。
四季折々の景色を見せる当館自慢の日本庭園では、秋には紅葉もお楽しみいただけます。
庭園内を流れる三つの滝、川のせせらぎ、吹き渡る風、美しい紅葉。
ご滞在中はゆっくりと散策を。
ロビーからも、幻想的なライトアップのされた庭園をご覧いただけます。
こちらは、料理長特選プランより、お食事の品数を減らしたプランになります。
厳選された地元の旬の食材を使用した会席料理を手軽に楽しみたい方へお勧めです。
■お部屋■
茶室を想わせる「離れ」と、2階から庭に大きく迫り出した「特別和室」は和の風情。
2つのベッドが並ぶ2階の洋室と、1階に庭を望む和空間を演出した「メゾネットタイプ」のお部屋が3つ。
専用フロア「貴賓室/VIPルーム」は特別な日、特別なあなたへ。
「VIPルーム/メゾネット」は寝心地を追求したシモンズベットで快適な睡眠をお届け。
■天然温泉大浴場を貸切■
当館自慢『天然温泉大浴場』の貸切でのご利用をお申し付け下さい。
チェックイン時にフロントにてご相談ください。
・貸切のご利用は、40分間です。
・深夜、朝のお時間は、貸切のご利用はできません。
・ご希望のお時間にご利用できない場合もございますので予めご了承ください。
・やむを得ない理由でサービスを中止する場合がございます。予めご了承ください。
■御食事■
○御夕食
御食事場所 : 一階大広間、二階洋風御食事会場
御食事の開始時間 : 18:00~
ご夕食は、料理長が厳選。季節の食材や茨城県産の常陸牛、
霞ヶ浦で獲れた珍しい川魚など地元産の食材を使用したメニューでの会席料理のコースです。
地酒やワインなどのお飲み物も各種ご用意しております。
※季節や仕入れ状況によりメニューが変更になる場合がございます。
○御朝食
御食事場所 : 一階大広間、二階洋風御食事会場
御食事開始時間 : 8:00~
和食を中心としたサラダや旬の食材を使用した小鉢などの副菜も充実したメニューです。
※アレルギーをお持ちの方は、宿泊の7日前までに当館までご連絡ください。
■温泉■
「翠風荘」の敷地内だけに湧き出る源泉『なめかた温泉玉造の湯』。
湯冷めがしにくく、保湿効果の期待できる”美人の湯”とも言われています。

宿泊料金 36000円/1人  【じゃらん】


部屋 ☆☆☆☆☆
設備 ☆☆☆☆☆  
風呂 ☆☆☆☆☆
料理 ☆☆☆☆ 
接客 ☆☆☆☆☆ 
総合 ☆☆☆☆☆


久し振りの高級旅館で、建物が立派という事で期待していました。
何もない田園に大きな石に囲まれている建物は、今まで見た事のない風景でした。
入口の前にはスタッフが待っていてくれ、駐車場に案内してくれました。
玄関までのアプローチの両側は、大きな石が積まれ圧倒される感じです。
客室は全6部屋で4タイプの中から選べました。
選んだ部屋は離れの特別室で、元はお茶室だったという事です。
部屋の前は池があって、山梨県の坐忘の雰囲気がありました。
客室露天風呂からは池と庭を眺めることが、出来て最高の雰囲気でした。
また、客室の露天風呂も温泉で、池の鯉を眺めながらゆったり出来ました。
施設を取り囲むように造られている庭はきれいに手入れされ散策もできます。
翌朝に散策したときは庭師が来ていて、いつもきれいにされてると思いました。
温泉施設は6室しかないのですが、サウナも完備されています。
男女の入れ替えも変則ですが、あるので両方の施設が使えるのも良かったです。
接客は駐車場へのアプローチから、丁寧に接客してくれ大変良かったです。
夕食の際も若い女性のスタッフが、頑張っていました。
朝食の際に接客してくれた女性は、ベテランのようで近くの事を色々教えてくれました。
夕食はお手軽のメニューでしたが、十分な量で内容も良かったです。
また、朝食は見た目もきれいな和食で、高級旅館といった感じでした。
チェックアウトの時も女性のスタッフと男性スタッフ2人で見送ってくれました。
建物も含め大変満足できるお宿だったと思います。
自宅からは遠いですが、茨城に行く機会があったらまた利用したいと思います。





ブログを読んでいただいてありがとうございます。
励みになるのでボタンを押してね ?
 

にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ゴルフブログ 夫婦ゴルファーへ
にほんブログ村
  


o(^∇^)oワーイ♪  o(^∇^)oワーイ♪


関連記事
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する