松島佐勘 松庵 食事・感想編 (2016年7月)

松庵の夕食は部屋、レストラン、個室と3か所の中から選ぶことが出来ます。レストランは1階にあり、海が見えるらしいですが、プライベート重視の軍団はパス。個室でもよかったのですが、個室は残念ながら海が見えないとの事で部屋にしました。時間になると抹茶を入れてくれた女性が部屋に来て、支度を始めてくれました。高級旅館はやはり接客と料理は絶対に手抜きは許されません。松庵のコンセプトは「基本的にご挨拶、お食事、布...
 28, 2016 07:07    2

松島佐勘 松庵 部屋編 (2016年7月)

松庵にある11室はAタイプと呼ばれる標準客室が9室で、その内1室はベッドです。残りはBタイプの2間の部屋が1室、Cタイプの露天風呂付の部屋が1室です。軍団は通常のお安いAタイプの部屋を予約しました。用意してくれた部屋は2階の角部屋で「松蝉」という部屋でした。松庵の部屋の名前はCタイプは「松毬」Bタイプは「老松」といった感じでAタイプの他の部屋もすべて松が付くみたいです。客室は1階と2階なので、上の階の...
 26, 2016 07:07    2

松島佐勘 松庵 風呂編 (2016年7月)

松島は観光地に近い旅館しか温泉はないようです。旅館を色々調べた結果、松島では松庵がぶっちぎりで良さそうなので「決定」と思ったらまさかの温泉でない事が発覚!「こりゃだめだっ」と思いましたが、温泉のある観光地の旅館と比べると温泉でないことを差し引いてもこちらの方が魅力があったので「温泉なし」でも松庵を選びました。温泉ではありませんがお風呂はなかなかの物でした。ホームページは殿方とご婦人で別れてますが、...
 24, 2016 07:07    0

松島佐勘 松庵 施設編 (2016年7月)

5日目の旅館は日本三景の一つの松島です。松島を選んだ理由は景観の良い事と、もう一つの理由は帰路がフェリーだからです。このフェリーがあったから東北旅行が実現したといっても過言ではありません。岩手からまたまたダブルセブン号で900kmも走る気力はありませーん。仙台港から名古屋港に22時間かけて帰りますが、仙台発の時間が12時50分で出航の90分前に手続きをする必要があるので、仙台港から近くないといけま...
 22, 2016 07:07    0

What's new?